人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Bianco
紫キャベツと鶏肉のラグーソース

Rosso
島根県浜田産 ヒゲダラのトマトソース

Speciale
最高級 イタリア産 白トリュフのタリオリーニ

Risotto
ホウレンソウのリゾット 焼きリコッタ添え

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
ティラミス





となっております。







ついにSpecialeで白トリュフが登場です。

白トリュフを仕入れた業者さんが、

『ランチで白トリュフ出しちゃうんですか!?』

と驚いていました。

超高級店を除けば、東京イタリアンでランチで白トリュフが

食べられるのはGeneDININGだけかもしれません。

でもイタリアの食堂でも時期になると昼からガンガン

白トリュフでしたから・・・・いいと思います。

でも一皿あたりの量はディナーの半分以下

でご勘弁ください。

白トリュフがどんなものか分かるぎりぎりの量です。

ぜひ。





でも実は今日のおすすめはRossoなんです。

皆様ヒゲダラというお魚はご存知ですか?

なんとひどい名前でしょう、ヒゲダラ。

ヒゲがダッラーーーーン。

ではなく短いヒゲがあり、タラの仲間なんです。

実は高級魚です。

淡白な白身魚らしい味わい。

繊細でありながらも『ムチムチ』としたテクスチャー。

さらりと軽いトマトソースと愛称がよさそうです。

ケッパーで風味付けいたします。

こちらもぜひ。
by gene-dining | 2011-09-29 22:13 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
ペペロナータのアンチョビ風味 にんにくのピュレ添え

Rosso
金糸瓜と鶏肉のラグー トマトソース

Speciale
北海道産ワインラムのラグーソース “タリアテッレ”

Risotto
ホウレンソウのリゾット 焼きリコッタをのせて

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
パンプディング



となっております。




Rossoの『金糸瓜』は皆さんご存知でしょうか?

かぼちゃの仲間ですが、茹でると繊維状にほぐれて、

食感はしゃきしゃきです。

色は黄色いために『金糸』と名付けられたようです。

ホント変わった野菜ですね。

ぜひ。
by gene-dining | 2011-09-28 22:28 | Comments(0)

Bianco
ペペロナータのアンチョビ風味 にんにくのピュレ添え

Rosso
千歳産トマト“にたきこま”のソース ペコリーノチーズをかけて

Speciale
北海道産 ワインラムのラグーソース“タリアテッレ”

Risotto
ホウレンソウのリゾット 焼きリコッタをのせて

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
パンプディング





となっております。





初登場食材はSpecialeの『ワインラム』です。

北海道 空知のエルムケップ山で元気に育った子羊です。

生後4ヶ月の頃からワインの絞りかすを与えられ、

ポリフェノールの抗酸化作用により、健康に育つことから、

この名が付いたそうです。

肩の部位を、小さく手切りし赤ワインで煮込み

ソースとしました。

このワインラムは肉となってからも再びワインと出会ったわけですね。

この美味しさは偶然か、必然か・・・・。

ぜひ。
by gene-dining | 2011-09-27 23:05 | ランチメニュー | Comments(0)

白トリュフ入荷しました。_d0243849_194186.jpg


ついに今期初入荷しました。

イタリアの白トリュフです。

あまり馴染みのない食材かと思いますが、

それもそのはず、とんでもない高価な食材です。

フランスでは「黒トリュフ」を『黒いダイヤモンド』

と呼び大変珍重しますが、

イタリアではやはりこの白トリュフでしょう。

一度食べたら忘れることができなくなります。

ヤミツキ系食材です。

この時期からクリスマスまでが美味しい時期です。

まだ出始めとはいえ、

いい状態のものを選りすぐり、入荷しました。

白トリュフ料理としては定番中の定番ですが、

手打ちパスタ『タリオリーニ』にスライスして振り掛けます。

白トリュフの一大産地、ピエモンテ州アルバでは

このタリオリーニを『タヤリン』と呼び、

小麦粉と卵黄だけで生地を作ります。

玉子とトリュフの愛称を生かすのがポイントでしょうか。



ディナーでは、ほぼ常にご用意できます。




この機会にぜひ一度。
by gene-dining | 2011-09-27 19:34 | お料理の紹介 | Comments(0)

Bianco
竹岡産 目鯛と豆苗のペペロンチーノ

Rosso
グアンチャーレと玉葱のトマトソース アマトリチャーナ

Speciale
北海道余別産 海水ウニのトマトクリームソース“バベッティーニ”

Risotto
ほうれん草のリゾット 焼きリコッタをのせて

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
ミルフィーユ




となっております。



Biancoの『豆苗』は「とうみょう」と読みます。

大豆の新芽です。

中華でよくにんにく炒めにされています。

それだけにぺペロンチーノとの愛称は抜群。

しかもスパゲティーニとよく絡みます。

目鯛はやはり鮮度がいいので、レアな火加減でいきます。

ぜひ。

急に寒くなってしまいましたが皆さん体調など、

崩されてはいませんでしょうか。

どうぞお体、ご自愛ください。
by gene-dining | 2011-09-27 00:09 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
いろいろ白身魚のラグークリームソース

Rosso
鶏肉のラグーとパプリカのトマトソース

Speciale
北海道余別産 海水ウニのトマトクリームソース“バベッティーニ”

Risotto
ほうれん草のリゾット 焼きリコッタをのせて

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
バニラジェラート





となっております。


Risottoの「焼きリコッタ」とは

『Ricotta al forno リコッタ・アル・フォルノ』という

チーズの仲間です。

アル・フォルノとはオーブンで仕上げた料理のこと。

まさにオーブンで焼いたリコッタの事です。

ボロボロと崩れるような、独特の食感がいいですね。






気が付けばもう9月の最終週ですね。

もう10月かー、びっくりです。

なんで時間の流れる早さについていけないのでしょうか?

食材は秋の美味しい物がじゃんじゃんきてますねー。

そういえば・・・・今週は・・・ついに・・・

あの食材が・・・・・・・またブログアップします!

食欲の秋、僕は大好きです。
by gene-dining | 2011-09-25 22:05 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
石垣島産 美ら豚のサルシッチャとほうれん草

Rosso
北海道千歳産トマト“にたきこま”とルコラのアンチョビ風味

Speciale
北海道余別産 海水ウニのトマトクリームソース“バベッティーニ”

Risotto
トウモロコシのリゾット ゴルゴンゾーラ風味

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
パンプディング





となっております。

台風による雨風、すごかったですね。

交通も混乱していたようですが、

皆様、無事に帰宅できましたでしょうか?






さて、今日は“にたきこま”二度目の登場です。

にたきこまは、加熱用のトマトで、

種とその周りのゼリー分がほとんどありません。

加熱するととろみが強く、旨みのある印象です。

おそらく今年は最期の入荷になるでしょう。

ぜひ。
by gene-dining | 2011-09-21 21:44 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
美ら豚のサルシッチャと紫キャベツ

Rosso
いろいろ白身魚のラグー トマトソース ルコラをちらして

Speciale
北海道 余別産 海水ウニのトマトクリームソース“バベッティーニ”

Risotto
トウモロコシのリゾット ゴルゴンゾーラ風味

Antipasto
ミラノサラミ

Dolce
パンプディング




となっております。



台風が近づいていますね。

お出かけの際は十分にお気を付けください!

よろしくお願いいたします。
by gene-dining | 2011-09-20 23:47 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
ペペロナータのアンチョビ風味 にんにくのピュレ添え

Rosso
石垣島産 美ら豚のサルシッチャと紫キャベツのトマトソース

Speciale
長崎県 野母崎産カマスのジェノベーゼ “バベッティーニ”

Risotto
トウモロコシのリゾット ゴルゴンゾーラ風味

Antipasto
モルタデッラハム

Dolce
レモンジェラート





となっております。






9月20日(火)のランチメニュー_d0243849_21553631.jpg


久しぶりに入荷いたしました。 

Rossoの美ら豚です。

GeneDININGではこの状態『半頭』で仕入れます。

豚一頭の頭と尻尾、手足の先と内臓を除き、

右半身と左半身に半分にされた状態です。

これで20キロ弱です。

大人の豚になるともっと大きいのですが、

この美ら豚は成育の途中で出荷されるようです。

仔豚と大人の豚の間の状態なので『中豚』なんていわれたりするようです。

この規格がこの豚の最高に美味しいところです。

まさに大人の豚のいいところと、仔豚のいいところ、

両方を持ち合わせています。

この『美ら豚 半頭』を部位に分けながらさばき、

その部位にあった適切な料理にしてゆきます。

皮膚も骨も軟骨もスジも、すべてを使い切ります。

ランチでご用意できるのは、端肉を集めてミンチにし、

スパイスやハーブなどを混ぜ込んだ『サルシッチャ』です。

本来は腸詰めにし前菜またはメインにしますが、

ランチパスタ使用でそのまま具として仕上げます。

以前の『アグー豚のサルシッチャ』とはまったく違う仕上がりになっています。

ディナーではロースやバラなどその他の部位、それぞれの料理でご用意しております。

ぜひ。 
by gene-dining | 2011-09-19 21:55 | ランチメニュー | Comments(0)

Bianco
鐘崎産サワラのスモークと細切りピーマン

Rosso
モッツァレラ入り ミートソース ボロネーゼ

Speciale
北海道余別産 海水ウニのトマトクリームソース“バベッティーニ”

Risotto
トウモロコシのリゾット ゴルゴンゾーラ風味

Antipasto
モルタデッラハム

Dolce
レモンのジェラート



となっております。

もう金曜日ですね。

今週もランチはこれで最後。

1週間ってホントあっという間ですね。

まだまだ毎日暑い日が続いていますが、

食材は確実に秋めいてまいりました。

と言いつつも今日のメニューは夏っぽいですが・・・






よろしくお願い致します。
by gene-dining | 2011-09-15 23:19 | ランチメニュー | Comments(0)

食材入荷情報と日替わりメニューのご案内